アレルギーの症状

猫が食物アレルギーになってしまうとどんな症状が出てくるのでしょうか。主な症状としては下痢や嘔吐、おなかが鳴ったりおなかが張ることもあります。また全身のかゆみが出たり、ひっかき傷や脱毛になることもあります。さらには中耳炎や皮膚の上で菌が異常に繁殖して膿を出してしまう膿皮症なども挙げられます。こうした症状が出てきたしまったら獣医などに相談する必要性があります。

このような症状が出てきてしまったときの治療方法としてはやはりその原因となっている物質を取り除くしかありません。いわゆる食生活の見直しになりますが、適当にしてしますと、栄養バランスが崩れてしまったりすることもありますので、市販されているアレルギー対応食を使ってみてもいいのではないでしょうか。アレルギー対応食はアレルゲンになりやすい食材を取り除いて製造されていますのでアレルゲンの特定が可能になりまたアレルゲンを食生活から遠ざけるときにも役に立ってくれます。

また中耳炎や膿皮症になっているときは病院に行って抗生物質や抗真菌薬を投与してもらい症状の改善をしてもらってください。大切な愛猫が苦しんでいるのを少しでも安らげて挙げたほうがいいかと思います。キャットフードに含まれる食材をちゃんと確認し、常に猫の健康状態に気を付けていくことが猫が少しでも長生きをしてもらうために必要な事になるのではないでしょうか。

0

猫にもある食物アレルギー

ライフステージがわかりどういうタイプのキャットフードを与えるのかがわかったからもう大丈夫と思うかもしれませんね。ですが知っていますでしょうか。猫にも私たち人間と同じようにアレルギーがあることを。そしてもちろんのこと食物アレルギーもあるのです。

猫の食物アレルギーは猫にあたえる食材に含まれる特定の成分にアレルギー反応を起こしてしまします。このアレルギーを引き起こす原因物質のことをアレルゲンといいますが、これに対し免疫反応が激しく出てしまうため本来守る方向で動く免疫反応が逆に体に害を与えてしまいます。

この原因物質となるものは猫にとっては欠かすことができないタンパク質や穀物などが最も多いのです。肉や魚に含まれるタンパク質などが体内で十分に消化吸収できなかったり免疫力が落ちているときにも起こりやすくなるとされています。そんななかでアレルギーが出ているのに気付かず同じ食材を食べ続けてしまって結果アレルギーを発症してしまうのです。

すべてのタンパク質はその原因物質になるといわれていますので、どのタンパク質に反応するのかは猫によって異なってきます。もし猫が食物アレルギーを発症した場合は今までにどんなキャットフードを与えてきたのかを考えてみてどのタンパク質が多かったのかを確認する必要があるのではないでしょうか。

0

猫のライフステージ

猫のライフステージは大きく分けて4つぐらいに分類されます。まず幼猫。このなかでも生後一か月未満はミルクが主なので離乳から大体1歳までをいいます。次に成猫。1歳から6歳までをいいます。高齢猫は6から7歳から10歳くらいまでをさします。10から11歳以降になると老猫と呼ばれるようになります。

幼猫の時期は健康に欠かせない栄養素をとる必要性があるため。栄養価の高い幼猫用のドライフードもしくはウェットフードをぬるま湯などで柔らかくして与えるほうがいいでしょう。生後7か月以降からは少しずつ固めのフードに切り替える必要性があります。歯の健康のためにも固めにしていくほうがいいです。1日の食事量は3から4回に分け成長に合わせながら食事の量を増やしていきます。

成猫期は健康を維持するためにバランスのよい食事を与える必要があります。かといって幼猫の時期と同じような高タンパク質・高脂肪のフードをあたえていると肥満となってしまし内臓や骨に大きな負担がかかってしまいます。バランスのとれた食事を適量与えることが望ましいでしょう。1日の食事の回数は1から2回ぐらいがいいのではないでしょうか。

高齢期になるとやはり運動量も減ってきてしまい体の機能も徐々に低下してきてしまいます。そんな時に成猫期と同じようなカロリーの量を与えてしまうと肥満の原因になってしまし、体にもいろいろな弊害が出てきてしまうため、この時期は低カロリーのフードを与えるようにしてください。またこの時期になると運動不足や腸の働きの低下などから便秘にもなりがちのため食物繊維を多めにとらせることも必要になってきます。

老猫期はますます運動量もへり食事の量も少なくなるなど老いを感じられるようになります。しかしながら健康的で長生きをするためにはしっかりと食べることが重要になるので、少量でもしっかりと栄養やカロリーをとってもらうために老齢期用のフードを選んでください。

0