猫が食物アレルギーになってしまうとどんな症状が出てくるのでしょうか。主な症状としては下痢や嘔吐、おなかが鳴ったりおなかが張ることもあります。また全身のかゆみが出たり、ひっかき傷や脱毛になることもあります。さらには中耳炎や皮膚の上で菌が異常に繁殖して膿を出してしまう膿皮症なども挙げられます。こうした症状が出てきたしまったら獣医などに相談する必要性があります。

このような症状が出てきてしまったときの治療方法としてはやはりその原因となっている物質を取り除くしかありません。いわゆる食生活の見直しになりますが、適当にしてしますと、栄養バランスが崩れてしまったりすることもありますので、市販されているアレルギー対応食を使ってみてもいいのではないでしょうか。アレルギー対応食はアレルゲンになりやすい食材を取り除いて製造されていますのでアレルゲンの特定が可能になりまたアレルゲンを食生活から遠ざけるときにも役に立ってくれます。

また中耳炎や膿皮症になっているときは病院に行って抗生物質や抗真菌薬を投与してもらい症状の改善をしてもらってください。大切な愛猫が苦しんでいるのを少しでも安らげて挙げたほうがいいかと思います。キャットフードに含まれる食材をちゃんと確認し、常に猫の健康状態に気を付けていくことが猫が少しでも長生きをしてもらうために必要な事になるのではないでしょうか。