猫のライフステージ

猫のライフステージは大きく分けて4つぐらいに分類されます。まず幼猫。このなかでも生後一か月未満はミルクが主なので離乳から大体1歳までをいいます。次に成猫。1歳から6歳までをいいます。高齢猫は6から7歳から10歳くらいまでをさします。10から11歳以降になると老猫と呼ばれるようになります。

幼猫の時期は健康に欠かせない栄養素をとる必要性があるため。栄養価の高い幼猫用のドライフードもしくはウェットフードをぬるま湯などで柔らかくして与えるほうがいいでしょう。生後7か月以降からは少しずつ固めのフードに切り替える必要性があります。歯の健康のためにも固めにしていくほうがいいです。1日の食事量は3から4回に分け成長に合わせながら食事の量を増やしていきます。

成猫期は健康を維持するためにバランスのよい食事を与える必要があります。かといって幼猫の時期と同じような高タンパク質・高脂肪のフードをあたえていると肥満となってしまし内臓や骨に大きな負担がかかってしまいます。バランスのとれた食事を適量与えることが望ましいでしょう。1日の食事の回数は1から2回ぐらいがいいのではないでしょうか。

高齢期になるとやはり運動量も減ってきてしまい体の機能も徐々に低下してきてしまいます。そんな時に成猫期と同じようなカロリーの量を与えてしまうと肥満の原因になってしまし、体にもいろいろな弊害が出てきてしまうため、この時期は低カロリーのフードを与えるようにしてください。またこの時期になると運動不足や腸の働きの低下などから便秘にもなりがちのため食物繊維を多めにとらせることも必要になってきます。

老猫期はますます運動量もへり食事の量も少なくなるなど老いを感じられるようになります。しかしながら健康的で長生きをするためにはしっかりと食べることが重要になるので、少量でもしっかりと栄養やカロリーをとってもらうために老齢期用のフードを選んでください。

Written by admin in 未分類

Next Post

猫にもある食物アレルギー

猫のライフステージは大きく分けて4つぐらいに分類されます。まず幼猫。このなかでも生後一か月未満はミルクが主なので離乳から大体1歳までをいいます。次に成猫。1歳から6歳までをいいます。高齢猫は6から7歳 […]

Continue Reading